太陽の神アポロンと美少年ヒュアキントスのお話です。

ヒュアキントスは大変な美少年で、アポロンは彼を愛していました。(同性愛は美徳とされていた)

しかし、西風のゼピュロスも彼に思いを寄せていました。

ある日、アポロンとヒュアキントスが楽しそうに円盤投げに興じているのを見たゼピュロスは、仲むつまじい二人の様子に嫉妬し、アポロンが円盤を投げた時に、強い西風を起こして円盤を吹き飛ばしてしまします。

しかし、不運にも円盤はヒュアキントスの額に当たり、ヒュアキントスは真っ赤な血を流しながら息絶えてしまします。

アポロンは懸命に医術の腕を振るうが、ヒュアキントスの命を救うことはできませんでした。

そして、ヒュアキントスの額から流れ落ちた血は、大地に落ちると美しい花を咲かせたので、その花はヒュアキントスの名をとって「ヒアシンス」と呼ばれるようになりました。